土筆 ー  FIP(猫伝染性腹膜炎)

5月2日、午前中レントゲンやエコー検査でした。
先生に「思ったより病状が進んでいます。あと数日です」と言われました。
その時、私は、少しでも土筆を楽にする事しか、
考えられませんでした。
先生に相談すると脱水症状もひどいので、
皮下注射をしましょうと、言われました。
結果的に、その皮下注射に耐えられなくて、土筆は亡くなりました。
その後、私は何度も何度も思いました。
先生に「あと数日の命です」と言われた時に、
何故すぐ土筆を家に連れて帰らなかったのかと、
あとから、何度も何度も思いました。

今日、やっとわかりました。
先生に「あと数日の命です」と言われても、
私には、分からなかったのです。
土筆が死ぬ訳ない、と思ったのです。
あの時、すぐ引き取らなかったせいで、
土筆を病院の冷たい術台の上で、死なせました。
この事だけは、一生悔いると思います。
一生、悔いると思います。

写真は、病院に行く前に、フミフミしている土筆です。
この3時間ぐらい後に、息を引き取りました。
病院から帰ってきた土筆の亡きがらを、
しきりに檸檬が舐めたがりました。
d0118965_13173772.jpg
d0118965_1318036.jpg

by akikochocochoco | 2014-05-22 06:23 | 土筆

猫4匹と古い戸建てで楽しく暮らす日々を綴ります。


by ちょこのお姉ちゃん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る